わきが治療に役立つ情報をGET|サワヤカな毎日

ボディ

臭いのもとを絶つ

脇を見る人

一昔前までは皮膚科で保険が効くわきが治療を受ける人が多かったのですが、最近では美容外科クリニックで保険が効かないわきが治療を受ける人が増えてきています。保険が効く場合であれば、治療費の自己負担額を1〜2万円程度に抑えることができます。それに対して保険が効かないわきが治療を受ける場合は、自己負担額が30万円前後になるケースが多いです。それにも拘わらず美容外科クリニックでわきが治療を受ける人が増えてきているのは、保険診療の制限を受けない質の高い治療を受けることができるためです。保険診療の場合は通院回数や治療方法などに細かな制限が設けられているため、たとえ医師が「もう少し手を加えればキレイな状態に仕上げることができるのに」と思っていたとしても、そうすることができません。しかし、自由診療扱いになっている場合であれば、保険の縛りを一切受けない念入りな治療を行うことが可能になります。そのため、費用は多めにかかるものの、美容外科クリニックのわきが治療を選ぶ人が多くなっています。

美容外科クリニックで受けられるわきが治療は、審美面への配慮が行き届いたとても丁寧な治療です。また、わきがの再発リスクを低下させる治療が行われています。たとえば直視下剪除法によるわきが手術を行う場合でも、汗腺をハサミのような器具で剪除するだけで終わらせるのではなく、レーザーや超音波などを併用して汗腺の取りこぼしを減らす工夫をしています。それに加えて、最近では、患者の精神面のケアまで行うクリニックが増加してきています。現実的なことを考えると、わきがの臭いを気にしすぎるあまり、自律神経のバランスを崩してしまう患者がたくさんいます。自律神経が正常に機能しなくなると、発汗量が増えてしまうおそれがあります。本当の意味でわきがを完治させたいのであれば、精神面のケアにも力を注ぐ必要があります。そのため、臭いに対する恐怖心や不安感を和らげる薬物療法に力を注ぐクリニックが、今後は増えていくだろうと予想されています。